「Yahoo! Wi-Fi」 vs 「WiMAX」の徹底比較

「Yahoo! Wi-Fi」 vs 「WiMAX」の徹底比較!!

当サイトを訪れる方の中には、「Yahoo! Wi-Fi」と「WiMAX」のどちらを選べばいいか迷っている方も多いようです。どちらも同じようにモバイルWi-Fiですし、料金やキャンペーン内容こそ違えど、他になにがどう違っているのかわからない人も多いでしょう。

ここではどこがどう違うのか良くわからない、という人向けにできるだけかみくだいて両者の特徴や違いを説明していこうと思います。

それぞれ何が違うのかざっくりと解説

Yahoo! Wi-FiとWiMAXは使っている通信網が違います。

Yahoo! Wi-Fiはワイモバイル系列の3G/LTE(4G)回線を使っているのに対して、WiMAXはKDDI系列のWiMAX/WiMAX 2+回線を使っています。

それぞれモバイル通信ようの回線であることは共通ですが、提供会社が違うので、速度・エリアなどが変わってきます。ちなみに同じLTE回線であっても提供する会社がAuなのかDocomoなのかSoftbankなのかによっても変わってくるのです。

では以下にまとめてみましょう。

快適さ(通信速度)の比較

どのくらい通信スピードが出るかというのは「ネット閲覧時の快適さ」につながります。Yahoo! Wi-FiとWiMAX 2+の場合はどうでしょうか。

Yahoo! Wi-Fi

  • 401HW:下り最大112.5Mbps
  • 502HW:下り最大187.5Mbps

WiMAX

  • WiMAX:下り最大110Mbps
  • WiMAX 2+:下り最大220Mbps

このように通信スピードではWiMAX 2+が一番速いです。

つながりやすさ(対応エリア)の比較

日本全国どこにいてもつながりやすい、電波感度が良好なのは対応エリアが広い証拠です。では両者はどうなっているでしょうか。

Yahoo! Wi-Fi

LTEは人口カバー率が99%と言われていて、日本全国どこにいてもしっかりつながります。極端な話をすると、無人島にいない限りネットにつながると考えてもいいかもしれません。

ちなみにスマートフォンも同じようにLTE回線を使っているので、スマートフォンがつながる場所であればYahoo!のポケットWi-Fiもつながると考えてもいいかもしれません。

WiMAX

LTEには劣るもののWiMAX/WiMAX2+のネットワークも日本全国に急速に広がっています。ここ最近の例でいうと、地下鉄・空港、果ては富士山山頂までアンテナ設備が作られたと発表されました。

県庁所在地がある都市では問題なく使えるようですが、地方ではまだまだ電波が弱いという報告も多数聞いています。

通信制限の比較

モバイルの通信回線というのは一人がたくさん使いすぎるのを防ぐために、通信制限が設けられています。これもそれぞれ制限がかかる際の条件が違っているのでよくチェックしておきましょう。

Yahoo! Wi-Fi

3日間のデータ通信量が3GB以上に達したとき、速度が制限されてしまいます。

これは当日6時から翌日6時まで制限されたままです。

WiMAX

3日間のデータ通信量が3GB以上に達したとき、速度が制限されてしまいます。

これは翌日にかけて制限されたままです。